Webアクセス

株価データや銘柄情報、IPO情報を取得するページです。通常の操作(チャートの表示や、フィルターを使っての推考など)のページで 自動的にWebアクセスを行って、自動的に画面が閉じる設定になっていますが、エラーが起きた時は画面が閉じずに、手動で対処する 必要があります。

基本操作G設定メニューの『Web』をクリックすると、 下図の様な画面になります。




上の方の『URL』の欄に記載したURLのデータにアクセスし、その右側の釦(『Navi』、『Download』、『Navi→DL』)と、 右下の方にもう1つ『Copy Text → DL』という釦の4つの釦があります。

URLの入力欄でマウス右釦メニューを開くと、設定されているURLが表示されます。



Stocks.exeで利用しているURLは、Yahooで3つ、96ut.comで2つと株探の6つです。

この画面では、URLへアクセスして アクセスに成功すると、画面下側の領域にテキストが表示されます。
表示されたテキストを読み込んで、株価や銘柄情報等のデータを Stocs.exeのデータとして取り込んでいます。

この画面に配置されている4つの釦は、URLアクセス→データダウンロード の状態を確認したり、再実行する為に用意しています。
何等かの障害によって 通常の操作によるWebアクセスが中断した場合、『Navi→DL』釦を押せば良いはずですが、それでもエラーとなる 場合は、ブル・コンサルティングへお問い合わせください。