EUCでトータルコストセービング

MyBLog/2020-09-01

Top / MyBLog / 2020-09-01

8月の太陽光発電状況を集計しました

暑い日が続いていたのですが、ようやく昨夜から少し涼しく感じるようになってきました。今朝はかすかに霧雨で、道路が濡れるほどでもなく、快適にジョギングできました。
熊谷の8月の平均日照時間は166.5hですが、今年は なんと250.9h にもなっていました。

8月の太陽光発電状況

月毎の太陽光発電状況のグラフを見てみると、発電量では4月・5月頃が最大で、その頃の日照時間は、グラフ上では同等に見えます。
月毎の太陽光発電状況

日照時間を確認してみると、発電量の多い2019/5, 2020/4 よりも多くなっていました。

年/月日照時間発電量
2019/5248.5h1,096.6kW
2020/4239.3h1,005.2kW
2020/8250.9h1,000.1kW

夏至が6/21頃なので、8月よりは5月の方が日照時間に対する発電量が多くなることは容易に想像できますが、4月と8月では 8月の方が若干条件が良くなるような気がするのに、発電量は減少…大きな違いは気温? でも、このくらいなら誤差のうちの様にも見えます。
太陽光発電システム設置以来の発電状況のグラフを見てみると、去年の5月が過去最高の発電量で、次いで今年の4月、先月の8月は 3位でした。

6年間の発電状況

時間帯毎の状況では 発電量に比べて売電量が11時以降減少しているのが目立ちます…これはエアコンの為で、6年間のグラフをみると、例年の8月に比べて今年の8月の電力消費が突出していることがわかりますが、冬場の暖房に比べれば大した電力ではないとも言えそうです。

時間帯毎の発電状況



コメント


認証コード(5643)

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional