EUCでトータルコストセービング

MyBLog/2019-03-01

Top / MyBLog / 2019-03-01

太陽光発電状況を集計しました。

2月の太陽光発電状況を集計、また、確定申告の為に2018年1年間の状況も集計しました。
2月の状況としては、日照時間が180.7h、昨年2月の201.1hからは約10%ダウン、約30年の平均では193.5hで、それに対しても約7%のダウンとなり、発電量も624.8kWhで、昨年2月の709.2kWhに比べて12%の減少でした。

2月の太陽光発電状況

月毎の集計グラフで見ると、1月よりも発電量が落ちているのが目立ちます。

月毎の集計グラフ

時間帯毎の集計では、特に変わった様子はありませんでした。

時間帯毎の集計グラフ

昨年1年間の発電状況を集計してみると、2018年の総発電量は9125.5kWhで、一昨年の9200.3kWhと比べて約1%の減少、その結果、売電額が223,542円から222,915円に減少、自家消費割合は 一昨年の29.4%から31.2%に増大。そのため、設置費用に対して減価償却できる割合が若干減少した為、昨年の収益は若干の増加となりました。

昨年1年間の発電状況

さて、最近は 株管理ツールの改訂にかかりっきりだったのですが、ようやく一通りの改修を終え、操作説明書を作成がてら 動作の確認を行っています。起動画面は従来と大して変わり映えしませんが、標準で3年間の株価チャートを表示するようにしています。

Stocks.exeの起動画面

開発ツールを、以前のDelphiからC#に変えたことで、再起呼出の制約が生じたこととメモリ管理の変更を余儀なくされ、また、増大する株価データに対応する為、データを銘柄毎のランダムアクセスファイル形式としてディスク上に配置し、表示したいデータの範囲だけを都度読み書きすることにしています。 その結果、従来のバージョンよりも軽快に動作するようになったと思います。
もうじきリリースできる見込みですので、今しばらくお待ちください。



コメント


認証コード(8246)

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional